教育ローンの借り入れをするコツ

教育ローンを利用するために、知っておくべきことがあります。

ローンの申込みを新規にした時には、審査がまずあります。

例えば、ローンの目的が土地や建物の購入である場合、団体生命保に入ることや、担保を立てることが条件です。

もしもローンの返済中に病気で死ぬなどして借りたお金が返せなくなったとしても、残りの返済を保険で補うことが可能になっています。

問題なく返済ができるように、団体生命保険に入っておくというわけです。

住宅ローンと異なり、教育ローンを借りる時には、担保を用意しなくてもよく、団体生命保険への加入を求められたりもしません。

教育ローンは、子供の教育費のために借り入れされるローンですが、実際のところ何に使われるのかということが分からない面もあります。

様々な使い道が想定されることもありますが、教育以外の目的で利用するためのお金になることはありません。

無担保無保証人で、保険にも入っていない教育ローンは、もしも返済ができなくなると、銀行からすると有効な対策がなく、困ってしまいます。

そのため、銀行は教育ローンの審査については、じっくりと行うようです。

返済の意欲がどれだけ高い人物なのかということは、返済ができる収入を持っているかどうかに加えて大事なことです。

銀行側が融資をしてくれるようにするには、定期預金をその銀行でつくっておくなどしましょう。

定期預金を積み立てしている人であれば、銀行の信用を得ることが出来て、教育ローンの申込みもしやすくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする