ブラックの人でも利用できる融資とは

ヤミ金融は、ブラックな融資を扱っている組織であるという印象を抱く人がいるようです。

いわゆる貸金業登録のない金融会社のことを闇金融といいます。

闇金融では、ブラックリストに載っていても、融資をしてくれるのが特徴です。

他の金融会社から多額の融資を受けていても、今まで返済不能に陥ったことがある人でも、ヤミ金融なら融資を受けられます。

闇金融は融資を行ってくれますが、金利が非常に高く設定されているようです。

普通の金融会社と、ヤミ金融を識別するには、どこを見るといいでしょうか。

ブラックリストに名前が載って、どの金融会社の審査も通らなくなり、金利が高くてもヤミ金融に申し込まざるをえないという人もいます。

高金利で融資を利用すると、返済総額がふくらんで苦しくなる一方です。

返せるあてがないお金は、そもそも借りるべきではありません。

ブラックでもOKと銘打っている融資の場合には、必ず闇金融かどうか確認した方がよいといえます。

貸金業に関する法律では、登録してある金融会社は、貸金業登録番号が顧客に確認できる場所に出しておかなければいけません。

この貸金業登録番号の記載がない場合は、闇金融の可能性が高いといえます。

最近は、090金融というヤミ金融も登場しています。

固定電話がなく、必要な連絡事項は携帯電話だけで行っているところです。

日本国内では、貸金業を経営するためには固定電話を引かなければいけません。

携帯電話しか持っていなければ、ヤミ金融の可能性が高くなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする