金融機関ごとに住宅ローンの金利を比較する

住宅ローンを借りる場合、金融機関によって違いがあるので、利用する際は比較検討しなければなりません。

住宅ローンを比較すると、大別して変動金利制と、固定金利制とがあることがわかります。

変動金利と、固定金利、それぞれのメリットとデメリットを理解しておくことが、ローン比較のコツです。

同じ金融機関の住宅ローンを比較してみると、変動金利よりも固定金利の方が、高く設定されている場合が多いようです。

住宅金融支援機構の固定金利は他社と比較すると高めになっていることが、データを見ているとわかります。

その次に金利が高いところは財閥系の大手銀行の固定金利であり、ネット銀行や他の銀行が後に続きます。

固定金利は、住宅ローンを組んだ際の金利が返済が終わるまですっと変わらず同じであるので、低金利の今は利用するメリットがあります。

住宅金融支援機構には、変動金利はありません。

財閥系の大手銀行の金利は高めで、ネット系の銀行や新しい銀行は低金利です。

長期間の固定金利が可能になっているなど、住宅金融支援機構でなければできない融資もありますので、一概に比較はできません。

固定金利の場合は、設定した期間内の金利は変わりませんが、変動の場合は見直し時期の金利の動向により変化します。

市場の金利が大幅に変動した場合、金融機関がその影響を全て受けるのが固定金利という考え方です。

住宅ローン融資を受ける時には、今現在の金利だけを単純に比較するのではなくて、将来的に金利が上がるのか、下がるのかという見通しも含めて考えなければいけません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする