クレジットカードの支払いに遅延してしまうと

クレジットカードは月に一度の返済日がありますが、支払わなければいけない日に、お金が足りないという状況になったら、どうすればいいでしょうか。

返済しなければならない日に支払いが間に合わないという遅延が起きた場合、クレジットカードの名義人に起きる影響を確認しておかなければなりません。

将来に関係がある場合もありますので、カードの返済を滞らせるとどんなことが起きるのかは、理解しておくことが重要になります。

クレジットカードで決済をする時には、支払いができない事態にならないように、通帳残高を確認しておきたいものです。

まず返済に遅れると、クレジットカードが使えなくなり、新たなお金の借入れが出来無くなります。

遅れた分の金額を支払えばクレジットカードは使えるようにはなりますが、度々返済を遅らせていると、デメリットは一層拡大します。

クレジットカード自体がストップされて、カードを使った支払いが不可能になってしまいます。

またそれだけではなく、個人信用情報機関というものがあり、そこに遅延をしたことが記録されます。

返済遅れの記録が信用情報機関に残ると、記録がついている間は、新規のクレジットカード発行が不可能になります。

家を買う時や、車を買うために新しいローンを組もうとしても、信用情報会社の情報があると、融資を断られてしまうでしょう。

よってお金が必要な時に、どの金融機関にも申込みができなくなるということも考えられます。

返済を滞らせると、後々自分の身に響いてくることがありますので、無理なく返済できる金額を借りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする