キャッシングとクレジットカードの審査の違い

“最初に審査をパスしない限りは、クレジットカードにしろ、キャッシングにしろ、利用することはできません。

クレジットカードも、キャッシングも、審査を受けて問題なしと判断された顧客だけが使うことができるものです。

キャッシングの審査よりは、クレジットカードの審査のほうが、通過しやすいと言われています。

クレジットカードを発行してもらうよりも、キャッシング用のカードを発行してもらうほうが、審査の難易度はハードになります。

けれども、クレジットカードがキャッシングにも使えるようになっていると、審査では断られる可能性が高くなります。

申込みをした人の状況によっては、クレジットカードにキャッシング機能が付かない場合もあります。

各金融機関によって、キャッシングのつかないクレジットカードのみのカードを発行することが可能かどうかは異なっていますので、確認が必要です。

クレジットカードに、キャッシング機能が付帯しているかどうかは、良し悪しな面があります。

買い物をする時に決済に用いることが、クレジットカードがつくられたそもそもの理由です。

この頃は、クレジットカードで決済をすると一定割合でポイントがたまるサービスもあり、多くの人が活用しています。

低金利の融資を受けたい場合は、低金利を売りにしているカードローンを探したほうが効率がいいこともあります。

お得な使い方がそれぞれできますので、使い分けをすることをおすすめします。

“””

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする