料金をクレジットカード払いする時のメリットとデメリット

近年では、何か商品を購入したときに、クレジットカードで支払いを済ませることは、珍しいことではなくなっています。

大抵の人がクレジットカードを持つようになり、人によっては一人で数枚のクレジットカードを併用している場合もあります。

特にインターネットの通販ショップでは、クレジットカードがないと買い物ができないこともあり、ある意味必需品となっています。

クレジットカードによる支払いは大変便利なものですが、メリットだけでなくデメリットもあることは理解しておく必要があります。

ネット通販などで、クレジットカードを使った支払いを行うような時は、銀行振り込みなどで生じる取引手数料がかからないということもあります。

財布に現金が無かったとしても、クレジットカードがあれば大抵の店舗で支払いを済ませることができます。

クレジットカードが一枚あれば現金を持っていなくてもいいので、財布に大金を入れておかずとも、買い物ができます。

クレジットカードは、2カ月分割払いや、一括払いで使うと手数料がかかりませんので、普通に買い物をした時とかかる費用は全く同じです。

料金の支払いが翌月以降にすることが出来るので、手持ちの現金がなくても、買い物ができる点は、クレジットカードの大きなメリットです。

一方、デメリットには、きちんと管理をしないと他人に悪用される心配があることなどもありますが、最も大きなデメリットは支払いで延滞した場合に信用情報に傷がつくことでしょう。

うっかりしていて、通帳の残高が少なくなっており、返済ができなかったという時でも、返済を滞らせたという記録が信用情報会社のデータに残ってしまい、その後、ローンの審査などでは不利になってしまいます。

クレジットカードはメリットの多い大変便利なものですが、くれぐれも延滞だけはしないように気をつけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする