自動車ローンを低金利で借りたい時は

ローンを組んで自動車を買うという場合は、低金利での融資を行っているものを選びましょう。

金利差がわずかのように見えても、最終的な利息を比較してみると、結構な違いが出てしまうことが多いようです。

多少の時間と手間がかかるかも知れませんが、複数の自動車ローンの金利を見比べてみることをおすすめします。

自動車ディーラーで車を購入する時は、ディーラーが扱うローンを進められる場合もありますが、金利が高いことが多いようです。

ローンをディーラー任せにするのではなく、どの金融会社の自動車ローンにするかを独力で決めて、低金利で融資が組めるところを探すといいでしょう。

たとえば、ネット銀行の自動車ローンは低金利で組むことができるのでおすすめです。

この頃は、住宅ローンや、自動車ローンといった融資額が大きなローンでも、ネットバンクからの借り入れが可能になっています。

公務員や、正社員として働いている人は、従業員貸付ローンがおすすめです。

保証人をいりませんし、低金利で融資を受けることが可能になります。

従業員用と金融会社のローンとを併用することも可能なので、検討してみる価値はあります。

また金利にもいろいろ種類があり固定と変動があります。

固定のほうは金利が高めですが、将来にわたって変動しないので長期計画が立てやすいという利点があります。

変動金利は、5年後、10年後に金利が変わることがありますが、金利はやや低めです。

利率見直しのタイミングは金融会社にもよって異なるので、事前にチェックが必要になります。

このようなことを視野に入れて長期にするか短期にするか決定することが大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする