キャッシングと住宅ローンの関係

新しく家を買おうとしている人が、別な金融会社からのキャッシング返済中でも、住宅ローンの融資が可能か気にするケースは多いようです。

住宅ローン融資と、他社から借り入れ中のキャッシングがあることは、原則的には別な話です。

けれども、住宅ローンの手続きをするときに、別のキャッシングを使っているかをチェックされることはよくあります。

住宅ローンと、キャッシングとの関係性を知っておくことで、家を買う必要があった時にスピーディな行動ができるでしょう。

住宅ローンの申し込みがあった場合、銀行は個人信用情報、勤務先、勤続年数、健康状態、年収などを確認します。

このようなさまざまな情報から人物像を審査してきちんと返済ができそうな人にだけローンを貸し出します。

今まで、キャッシングを利用したかは、信用情報機関に情報を照合することで、簡単に調べることが可能です。

これまで幾らのキャッシングをしているか、返済状況は問題はないか、クレジットカードでローンを組んでいるかなどが、信用情報センターには5年分残されています。

金融会社が審査の時に注目するのは、今までのキャッシング利用の中で、返済を遅らせたり、返せなかったことがあるかどうかです。

借りたお金を返済しきれている人は、過去にキャッシングを使っていてもマイナス評価にはなりません。

万が一、過去に返済が遅れたことがある人は、今すぐ住宅ローンを借りるのは難しいかもしれません。

もし過去のキャッシングが原因で住宅ローンの審査に通らなかった場合には、5年以上たってから再度チャレンジするようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする