住宅ローンの申し込みとキャッシング

昔はキャッシングは敷居の高いものでしたが、近年では軽い気持ちでキャッシングを使う人が増加しています。

ですが、キャッシングを使ったことがあるために、住宅ローンの審査をクリアしづらくなったと聞くと、キャッシングもためらってしまいます。

キャッシング融資を受けつつ、住宅ローン融資を受けることは、可能です。

キャッシングを利用していても、延滞や返済不能などのトラブルを起こしてしなければ、住宅ローンの審査に支障が出ることはますないようです。

うっかり返済を忘れることも人間ならあるかもれませんが、キャッシングの返済は絶対に忘れてはいけないものなのです。

理由はどうであれ、キャッシングの返済が滞ってしまうと、事故情報として履歴は5年間も残るのです。

新しく融資を受ける時には、金融会社は審査を通じて、間違いなく返済をしてくれる人物かを確認します。

他社のキャッシングの返済をしながら住宅ローンの返済をすることは苦しいと思われる可能性がありますので、返済中のキャッシングは繰り上げ返済しておきましょう。

金融会社によっては、返済がまだ終わっていないキャッシングがあると、住宅ローンの審査を通過させないことがあります。

返済自体は終わっていても、限度額までの借り入れがOKのままということもあります。

借り入れがなくても、いつでも借りられる状態なので、問題視される場合があるので、キャッシングを完済したら解約手続きも忘れずにしておきましょう。

住宅ローンも申し込みをする場合には、一度自分の信用情報やキャッシング履歴について見なおしてみると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする