カードローンの比較について

景気の回復の兆しが見え始めている近年では、円安が続いたり、株が上昇していたり、給与のベースアップが期待されるなどいいニュースがふえています。

とはいえ、景気がいいからと気を抜いていると、何かの拍子に不景気になって困った自体に陥ったりもします。

万が一の事態に備えて、今のうちにカードローンをつくっておく人もいます。

金融会社の数は増加しており、カードローンの申込みをどの会社にしておけばいいか判断がつかないという人もいます。

借入条件金額については、年収の三分の一がキャッシングで借りられる金額になっていますので、大まかな金額を知ることはそれほど難しくはありません。

カードローンの申込みをする際に、一番比較したいのはやはりローン金利ですが、これはかなり重要なポイントになります。

たとえば100万円借りたとして、金利が1%違うと1年間で1万円違うことになるので、極力金利が安いカードローンを選んだほうがいいでしょう。

銀行が発行しているカードローンの金利は、大抵が低めに設定されているものが多いと言われています。

銀行は審査のハードルが高いといいますが、給与振込口座を持っている銀行なら、審査は通りやすいといいます。

何らかの理由で銀行からの審査を通過することができなければ、銀行系の消費者金融会社のカードローンを申し込むといいでしょう。

銀行以外の金融会社でも、カードローンの融資は受けられますが、審査に通りやすい半面、高金利の融資になる可能性があるので、優先度は高くありません。

金利以外にも比較検討するべき点もあります。

カードローンのご利用残高に応じてポイントがもらえる特典のあるカードローンもありますので、一度カードローンを比較してみてはいかがかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする