クレジットカードとキャシングを比較する

キャッシングと、クレジットカードを混同する人もいるようですが、両者の差とはどういったものなのでしょうか。

お店で支払いをする時に、クレジットカードは利用されています。

お店などで支払いをしなければいけない時に、クレジットカードがあれば、現金がなくても手続きが可能です。

ショッピング枠のほかに、キャッシング枠もついているようなクレジットカードも存在しています。

保証人や、担保を必要とせずに、お金を借りることができるものが、キャッシングの基本的な仕組みです。

クレジットカードとキャッシングを比較してみると、さまざまな違いがあることがわかります。

クレジットはお買い物ををツケ払いで済ますこと、キャッシングはお金を借りることをいいます。

クレジットカード会社も、キャッシング会社もカードを発行していますが、カードの機能は大きな差があるわけです。

キャッシングにも使えるクレジットカードは、基本的には決済に使うものであり、カードを使った買い物をするとポイントがつくなどのお得なサービスもあります。

クレジットカードが一枚あれば、買い物や融資が便利になるだけでなく、色々なサービスを活用することが可能になります。

ただし、クレジットカードについているキャッシング枠はおまけみたいなもので、金額も小口で、高金利なことがあります。

キャッシング会社では、主にキャッシング機能のみがついたカードを発行しています。

クレジットカードとキャッシングカードの特徴をよく比較して、目的にあったものを利用すると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする