キャッシング専用カードの比較

キャッシングに使えるカードは、用途によって何パターンか存在しています。

キャッシングの条件は、金利、借入金額、審査内容などが各金融会社によって違いますので、比較して選びましょう。

キャッシングの申し込みをしても、審査に通らないことがあります。

審査はどの金融会社に申し込む時でも、新規の融資の際して行われます。

以前は、審査の結果が出るまで数日かかるものでしたが、この頃は審査の早い金融会社も多くなり、その日中に融資が受けられたりします。

一般的には、ショッピング利用が可能なクレジットカードと比較すると、キャッシング専用のカードの方が金利は低く、利用可能枠が大きい傾向にあります。

現金が必要なことが多く、確実に返済可能な計画を立てられるなら、キャッシング専用のカードが便利です。

金融会社の中には、500万円までの借り入れが可能なキャッシングもありますが、もっと大口の融資が受けられるようなキャッシング会社もあります。

キャッシングについての法律で、年収の3/1までが融資可能な金額の上限に設定されています。

かつては制限がありませんでしたが、法律が見直されたことで、新しく導入された法律です。

もしも、1人で数枚のキャッシングカードを持っていれば、限度額を合算した金額が総量規制に用いられます。

キャッシングの総量規制は、貸金業法の管轄にある消費者金融業者やクレジットカード会社、信販会社からの借入が対象であり、銀行やゆうちょ銀行からの借入は対象外となります。

キャッシングの金利については、2010年の出資法および貸金業法の改正により、上限金利は年利20%以内と定められています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする