消費者金融系と銀行系のカードローンの違い

カードローンには、消費者金融系のローンと銀行系のローンがあり、それぞれ特徴があります。

最も大きい部分は金利です。

カードローンの金利はとても大事なことなので、借りる時によく考えたいことです。

カードローンの金利は、銀行系カードローンのほうが、低金利で借り入れることができます。

もしも可能であれば、低い金利で融資が受けられる銀行系カードローンがいいでしょう。

2%から10%ほども、金利が低いことがあります。

カードローンの審査についても、銀行系と消費者金融系は違います。

消費者金融系の審査は、申込みから結果を出すまで即日で終わるところが多いようです。

早いところでは30分程度で審査の結果が出ます。

しかし銀行系の場合の審査時間は、消費者金融のようなスピード審査をしない所がほとんどです。

銀行系のカードローンの場合は、審査にかかる時間が1日以上にもなることがあり、時間に余裕が無い人には向いていません。

消費者金融会社はカードローンの無利息キャンペーンなどを開催することがありますが、銀行では無利息での融資を行うことはまずないでしょう。

大口の融資が受けられて、金利も安いことが銀行系カードローンのいいところですが、その半面、審査に時間がかかる上に必ずしも審査でOKが出るとは限らないというネックがあります。

返済時の負担を軽減したいと思っていて、一刻を争うような事態でないなら、多少時間がかかっても、低金利の銀行系カードローンがおすすめです。

最近は、カードローンを取り扱っている会社が多く、各社ごとにサービスに工夫がされています。

しっかり情報収集して自分の目的や返済計画に適したカードローンを選択することが重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする