ブラックでキャッシングできない

クレジット会社や消費者金融から融資を受け、返済が滞ってしまうと各金融会社で共有している通称ブラックリストというものに載ってしまいます。

特別な事情もないのに2カ月以上返済を滞らせると、ブラックリストに名前を連ねる可能性があります。

どんなことをしたかにもよりますが、ブラックリストに名前が入ると、以後5年は新規のローンやキャッシングが組めなくなります。

ブラックになって以後もキャッシングの必要性が生じて、あちこちの金融会社に申し込むという人もいます。

ブラックリストに名前が載っている人に融資をする金融会社はまずありません。

ただし、非合法の会社ならばまだ可能性があります。

返済が難しい場合はそのまま放置しておくことは絶対にしてはなりません。

返済が困難になった場合には、一人で悩んでいても解決策は見つからないし、問題が大きくなるばかりです。

返済が困難になり始めた段階で、キャッシング会社に話をして、アドバイスを受けるといいでしょう。

キャッシング会社側の判断によっては、毎月の返済金額を少なくしたり、利息を減らすなどの手続きをしてもらえます。

今の収入で、どうすれば完済できるかを考えましょう。

新規のキャッシングをしていては、借金がふくれるばかりです。

全額返し終わったからといって、次のキャッシングをしないようにしましょう。

完済後5年間は借入ができない状態となっていますので、審査が通らないのはもちろんのこと、審査に落ちたという事実が重なってしまうこともマイナス要因です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする