クレジットカードでのキャッシングと消費者金融の違い

消費者金融や、キャッシングという単語は馴染みが深いものになっていますが、差は何でしょう。

消費者金融も、キャッシングも、お金を借りられるという面では同じですが、どのようにしてお金を借りるかや、返す時の方法などで、差があることがあります。

消費者金融の返済方法は、いくつもある中から、自分の意思で選択することができます。

指定した口座から、毎月一定金額を引き落とすという方法もあれば、提携ATMから、期日になると手払いでお金を振り込むという人もいます。

クレジットカードでキャッシング利用をした時は、カードの支払いでキャッシングの返済をします。

クレジットカードによるキャッシングは、消費者金融を利用するのとは違い、気軽にお金をおろすようなイメージがあります。

まるで自分が貯めていたお金をその都度引き出しているような気分になりますが、金融会社からの融資であることは変わりありません。

消費者金融とキャッシングは、お金を借りるまでに要する日数が違います。

消費者金融では、申込みから融資まで数時間で済むところもありますが、クレジットカードの場合は、カードが手元に届くまで申込みから数日を要することもあります。

スピーディな融資を望む場合は、クレジットカードより消費者金融のほうがいいでしょう。

消費者金融に、行きづらさを感じる方もいるようです。

金利については、どちら似たようなものです。

そうはいっても、どちらも借金することの変わりないのですから、キャッシングも消費者金融も慎重に利用することが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする